おさのことば

みよたんクエストに、集え勇者よ!!
第18代まちのおさ ひろし

勇者の血をひきし者よ! そなたが来るのを待っておった。

その昔、伝説の勇者は故郷を離れ、真面目に仕事をこなし、コツコツと貯めた「光の玉」を自らのふるさとに寄付し、故郷発展の基礎を築いたそうな。

そなたも知っておろう、今や寄付は「ふるさと納税」に名前を替え、小さな負担感でそなたの好きな自治体の発展に貢献できるようになったのだ。良い時代になったものよのう。

そなたのパワーは、御代田町観光協会が認める妖精「みよたん」に込められた。

全国各地の勇者が「ふるさと納税」すると、最初は生まれたばかりのレベル0の「みよたん」が1歳ずつ成長してゆく。そして「みよたん」が成長するたびに、御代田町の事業が一つずつ、実現していくのじゃ。みよたんの成長が、ホンモノの町の発展とリンクしておるのじゃな。

この冒険は、「みよたん」がレベル30に到達した時点で終わりを告げる。その時点で、御代田町の事業も30種類実現することとなる。そなたは、自らの寄付が、町のすみずみまで実行される事業に活用されていくのを見ることだろう。そなたは日本のどこにいても、御代田町のまちづくりにバーチャルに参加することができるのじゃ。

このクエストの出発点は、そなたらの寄付が実際にどのように活用されているのかが大変分かりにくいという現状への疑問だった。町民からまちを預かる私としてはそれではいかんと思ったのじゃ。

みよたんクエストでは、寄付する前に、そなたらの寄付が何に使われる予定なのかがはっきりと分かるようになっておる。日本国内において、細かい一つ一つの事業の内容が寄付前に分かる仕組みはみよたんクエスト以外にはないのではないかな。

みよたんをレベル30まで、つまり30歳まで成長させるためには、一人でも多くの勇者が、御代田町にふるさと納税してもらう必要がある。そなたも、自ら寄付をした後は、SNSや口コミで情報を拡散し、みよたんの成長を助けてもらいたい。

御代田町の将来はそなたの腕に託された。ゆけ、勇者よ!

おさについて

エントリーほうほう

1


下記納税サイトから
特産品を選んで寄付

下の好きな4つの納税サイトへアクセス
御代田町の特産品の中から
好きな返礼品をセレクトして納税!

2


キャラのLv.アップと
プロジェクトをチェック

寄付総額に応じてみよたんがLv.アップ!
登場パターンは全部で30体
予算に達し、進行中の事業もチェック

ツイッター

Special Thanks 学校法人 岡学園トータルデザインアカデミー

Composed by Tomohiro Shibata.

Copyright 御代田町 All Rights Reserved.